トップページ

「卒業式に袴が着たい!」と言われたお母様へ

お嬢様のご卒業おめでとうございます。
このサイトにいらっしゃった方は、「小学生・幼稚園の娘に、卒業式で袴を着せたい」とお考えの方がほとんどだと思います。

私は、上の娘が小学校6年生の時に「卒業式には袴が着たい!」と言いまして、幼稚園を卒業する下の娘にも袴を着せて、二人とも袴姿で卒業させました。

私自身の着物の知識は、かろうじて浴衣が着られる程度。
すったもんだで準備をし、汗だくで着付けの練習をして、なんとか無事に袴姿で卒業式に送り出すことができました。

その時の経験から、「卒業式に袴を」とお考えになっているお母様方の準備のお手伝いができればとこちらのサイトを立ち上げました。
小学校や幼稚園の卒業式で子どもが袴を着ることについてネット上では賛否両論ありますが、華美になりすぎないように気を付ければ、小学生の女の子の袴姿はとても可愛らしく清楚で、よいものだと思います。
お子様がすてきな袴姿で卒業式が迎えられるよう、私の経験がお役に立てば幸いです。

「卒業式に袴?」 最初の不安!

「小学校・幼稚園の卒園式で袴を着せようかしら?」と思った時に、、最初にぶち当たる「4つの不安」についてまとめました。

その1;卒業式に袴着用 そもそも学校はOKなの?

「卒業式に袴を着せたい!」と思ったら、まず最初にお嬢様が通う小学校・幼稚園に卒業式に袴を着用してもよいかを、確認してみましょう。
小学校によっては「華美な服装は不可」と通達していて、それに袴姿も含まれる場合があります。

小学校・幼稚園に袴着用OKの確認が取れたら、お嬢様にも「本当に袴を着ていく気持ちがあるのか」どうかを合わせて確認した方がよいですね。
もしかしたら袴姿が1人だけの場合もあるでしょうし、着物に慣れていないお子様は袴は動きにくかったり苦しかったりすることもあるでしょう。
「それでも着たい!」という娘さんの意思を確認してから準備をすすめましょう。

その2;着物・袴の準備はどうするの?

袴は、きちんと長さの合ったものを着用しなければいけません。
「大人用の袴を少し折って着せる」ということはできませんので、子どもの体格に合った子供用サイズの袴を準備する必要があります。

子供用サイズの卒業袴の調達の方法としては、

  1. 着物と袴をセットでレンタルする
  2. 着物は手持ちの物を着せて、袴だけ購入するかレンタルする

というのが一般的な方法だと思います。
その他、下着・長じゅばん・その他着付けに必要な小物も、レンタルできるのかお持ちの物でそろえられるのか、なども合わせて考える必要があります。

「袴をレンタルする?購入する?」についてはこちらのページで詳しく書いていますのでご覧ください。

その3;着付け・ヘアースタイルはどうする?

子供用の卒業袴が無事調達できたとして、それを卒業式当日に、誰が、どうやって着付けますか?

私自身も、かろうじて浴衣が着られる程度の着物の知識しかありませんでしたが、何度か練習して着せることができましたから、お母様ご自身が着つけることも可能です。
美容室等で着つけてもらう場合は、卒業式の開始時刻に間に合うように手配しないといけませんね。

合わせてヘアースタイルをどうするかも検討してみてください。

その4;履物はどうする?

卒業袴といえば、ブーツか草履を合わせるのが一般的です。
袴レンタルの場合、草履やブーツもセットになっているかも確認しましょう。

ブーツや草履で学校まで歩いて登下校できるのか、雨の時はどうするのか?、足袋でも体育館シューズが履けるか、なども考えて準備をしましょう。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ