美容室で着付けの予約をしよう!-小学生・幼稚園の卒業袴-

子どもに袴を着せるのに、美容室で着付けの先生にお願いする方が多いと思います。袴の着付けを美容室でお願いするときのポイントをまとめてみました。

美容室で着付けをすれば安心

「袴の着付けは簡単」とはいうものの、やはり着付けは美容室で専門の方にやっていただくのが安心です。
着付け料金がかかりますが、着付けてもらった袴姿はぴしりと決まっていて見栄えが違います。

小学生の卒業袴着付け

私はなんとか自分で着付けたのですが、「卒業式の間に着崩れるのではないか」「途中で苦しくなってしまうのではないか」などなどずっとハラハラしていました。
そういった心配をすることなく安心して親も子も卒業式に臨めるという点でも、やはり着付けてもらう価値があると思います。

「着付け」をやってくれる美容室の探し方

こちらホットペッパービューティーから、着付けをしてくれる美容室を検索することができます。
着付けができる美容室なら卒業袴の着付けも問題なくやってもらえます。

ホットペッパービューティ公式HPはこちら

地域を選択したら、こちらの「詳細設定」から『着付け』にチェックして検索すると、着付けをしてくれる美容室だけがリストアップされますよ~。

hotpepper

美容室の予約は何時?

卒業式に間に合うように着つけてもらうためには、何時に予約しなければいけないかを確認しましょう。
袴の着付けにおよそ30分、ヘアセットも一緒にすると、約90分ほど必要になると思います。

通常小学校であれば、8時30分までに登校、卒業式は9時開始、というようなスケジュールが多いと思うのですが、これですと美容室には6時~7時には入らないといけない、ということになりますね。営業時間外の早朝料金もかかりますから、着付け料と合わせて結構な金額になってしまいます。

袴の着付けは通常のお着物より簡単です。
私がそうだったように浴衣程度の知識があるお母様なら十分着つけられると思いますので、時間的に厳しいなぁという方は、どうぞお母様が袴の着付けにチャレンジしてみてください。

卒業袴の着付け料金はいくら?

私は関西地方在住ですが、周辺の美容室に聞いてみたところ、卒業袴の着付け料金は、7000円~10000円、ヘアセットと一緒にお願いすると、10000円~15000円というところが多かったです。

 

上で記載したように、卒業式に間に合うように着つけてもらうには、美容室に早朝料金でお願いしないといけません。
1時間あたり1000~2000円の早朝料金がかかるのが一般的。美容室に直接確認してみてください。

袴の着付けに必要な小物は?

美容室には忘れ物のないように小物を持っていきましょう。
忘れやすいのは、足袋・草履、補正用のタオルです。

こちらに卒業袴着用に必要な小物を一覧にしましたのでご参考にしてください。

小学生の卒業袴 必要な小物一覧

  1. 振袖
  2. 草履・ブーツ
  3. 半幅帯
  4. 重ね衿(伊達衿)
  5. 肌着(きものスリップ)
  6. 長襦袢
  7. コーリンベルト(あってもなくても)
  8. 帯板
  9. 衿芯
  10. 腰紐5本前後
  11. 伊達締め2本
  12. 足袋(ブーツの場合は靴下でも)

一般的に、ブーツの場合少し袴を短めに着つけるのですが、卒業式の時は体育館シューズ(上履き)に履き替える方がほとんどだと思います。
ブーツに合わせて丈を短くし過ぎると、卒業式の時に足が見えすぎてしまうので、丈を短くするのも「ほどほど」にされるのがおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ