チェック② 袴はレンタル?購入?

小学生幼稚園の卒業袴 レンタル?購入?子どもの卒業袴を準備する方法として、

①フルレンタルする、
②着物は手持ちの物を使い、袴だけ用意する、

という二つの方法があります。

フルレンタルの方が簡単ですが、お母様やおばあ様が着物をお持ちなら、着物はそちらを着用して袴だけレンタルする、という方法も愛着があって素敵です。
それぞれのケースについて、「メリット」と「デメリット」を簡単にまとめます。

袴のレンタル・購入については、『卒業袴レンタル・購入 準備について』ページで詳しく書いていますのでご参考まで。

卒業袴を「フルレンタル」するときのメリットデメリット

レンタル会社で、着物も袴もすべてレンタルするときは、こんないいこと悪いことが…。

卒業袴・フルレンタルのメリット

  1. 可愛らしい柄、見栄えのする柄が揃っている
  2. 小物まですべて揃って届き、着用したらそのまま返却すればよいので、準備・片づけが簡単
  3. 着物が短く切ってあることが多く、着せやすい。

卒業袴・フルレンタルのデメリット

  1. 貸出期間が短く、着付けの練習期間が短い
  2. レンタル料金が高い
  3. 早めに予約をしないと、かわいい柄からなくなってしまう
  4. 汚したときのクリーニングや保険などが心配

着物は手持ちの着物で、「袴だけレンタルか購入」するときのメリットデメリット

一方、着物はお手持ちの物を着て、袴だけ準備する場合はこちら。我が家はこちらのパターンでした。

袴だけ準備 メリット

  1. お母様・おばあ様の思い出の着物を組み合わせて着ることができ、袴姿に愛着が持てる。
  2. 袴だけなので、袴を購入するとしても、お安く準備できる
  3. 袴を購入した場合は、七五三・十三参りなどで着用することも可能。自宅で着付けの練習もできる。

袴だけ準備 デメリット

  1. 袴だけレンタルしても、小物まで貸してくれない
  2. 小物・帯・草履など、小物もすべて自分で準備する必要がある
  3. 着物を縫い上げ・サイズ調整なども自分でやらなければいけない

袴のレンタル・購入については、『卒業袴レンタル・購入 準備について』ページで詳しく書いています。

こちらも合わせてお読みください!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ